2016.02.23

来日した元メジャー助っ人たちは、
現地でどんな評判だったのか?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by Kyodo News

 3月下旬のプロ野球開幕に向けて、各地のキャンプは大賑わいを見せています。なかでも話題を集めているのが、今年から日本にやってきた新助っ人外国人たちでしょう。特に、「元メジャーリーガー」の肩書きを持つ助っ人には、「どれほどの実力なのか?」とファンも大いに興味を引かれています。そこで今回は、彼らがメジャーリーガー時代にどんな選手だったのか、紹介したいと思います。

巨人に入団したギャレット・ジョーンズは昨年ヤンキースでプレー まず取り上げたいのは、昨年は名門ニューヨーク・ヤンキースでプレーし、メジャー通算122本塁打という触れ込みで巨人に入団してきたギャレット・ジョーンズです。1999年のドラフト14巡目・全体444位でアトランタ・ブレーブスに指名されたギャレットは、長いマイナー生活を経て、2007年にミネソタ・ツインズでメジャーデビューを果たしました。

 転機となったのは、ピッツバーグ・パイレーツに移籍した2009年です。その年の6月、メジャーに再昇格したギャレットはホームランを量産し、新人のなかでもっとも多い21本塁打をマーク。2010年にはライトのポジションを掴み取り、のちにナ・リーグMVP(2013年)に輝くセンターのアンドリュー・マカッチェン、昨年までヤクルトに在籍していたレフトのラスティングス・ミレッジとともに、パイレーツの外野陣の一角を務めました。

 そして2012年には自己最多の27本塁打をマークし、2013年のオフにはマイアミ・マーリンズと2年総額775万ドル(約8億7000万円)で契約。そこが、彼のメジャーでの絶頂期でした。マーリンズでは満足な結果を残せず、2015年に移籍したヤンキースでも持ち前のパワーを発揮しきれませんでした。

 ヤンキースがギャレットの獲得に動いた理由は、左打席からライト方向に鋭い打球を飛ばすのが得意なプルヒッターだからです。低めの速球に強く、ローファストボールヒッターとしての評価を得ていたギャレットは、ライトが狭くてホームランの出やすいヤンキースタジアムにはぴったりの選手。そのバッティングにヤンキース首脳陣は期待していたのです。