2015.05.14

41歳のベテラン大活躍。「ミラクル・メッツ」再現なるか?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

【スタートダッシュ勝ち組・負け組@ナ・リーグ編】

2015年シーズンも開幕して35試合ほど消化し、上位と下位との差が少しずつ開き始めてきました。特にナ・リーグでは、予想もしていなかったチームが勝ち星を積み重ね、メジャー関係者を驚かせています。まず、ナ・リーグで最高のスタートダッシュを決めたのは、東地区のニューヨーク・メッツでしょう。

「スタートダッシュ勝ち組・負け組@ア・リーグ編」はこちら>>>

好調メッツを支えているメジャー18年目のバートロ・コローン 昨シーズンまでのメッツは東地区で6年連続して負け越すなど、人気・実力ともに低迷していました。同じ街を本拠地とする名門ニューヨーク・ヤンキースに勝(まさ)るためには、何より成績を上げないことには観客動員数も伸びないからです。

 しかし今シーズンは、開幕早々からスタートダッシュに成功しました。4月12日から23日にかけて球団タイ記録の11連勝をマーク。また、1900年以降の近代野球史上7チーム目となるホーム開幕10連勝も成し遂げたのです。

 開幕16試合目で13勝3敗という成績は、1986年以来となる球団史上最高の好スタート。1986年といえば、元巨人のデーブ・ジョンソンがチームを率い、ワールドチャンピオンに輝いた年です。その年のワールドシリーズでは、ボストン・レッドソックス相手に2勝3敗と追い込まれながら逆転勝利で頂点を掴み、「1969年のミラクル・メッツの再現」と騒がれました。