2014.04.20

「投球術を知っている」。ジーターが絶賛した田中将大の深み

  • 笹田幸嗣●文 text by Sasada Koji
  • photo by Getty Images

 4月16日(現地時間)のカブス戦で8回を無失点に抑え、本拠地ヤンキースタジアムで初勝利を挙げた田中将大(ヤンキース)への賞賛の声が止まらない。

カブス戦、8回無失点の好投で本拠地初勝利を挙げた田中将大。

 ヤンキースのジョー・ジラルディ監督が「投げるごとに適応の階段を上がっている。スプリットとスライダー、何より制球が良かった」と称えれば、ラリー・ロスチャイルド投手コーチは「3試合の中でいちばん良かった。スライダーが良くなったことがその要因」と説明した。

 そしてヤンキースの主将であるデレク・ジーターは、田中の投球についてシーズンが入って初めて言及し、「田中は投球術というものを知っている。いい投球だ。ストライク先行も素晴らしい。相手にとっては手強い投手だと思う」と、14歳年下のルーキーに賛辞を贈った。

 その一方で、10個の三振を喫し、バントでの内野安打2本に抑えられたカブスは、田中のピッチングに脱帽するしかなかった。2三振の2番打者ジャスティン・ルジアーノは「すべての球種が同じ腕の振りで、その上、コーナーと低めにすべてのボールを制球できる」とお手上げの様子。

 4番のネイト・シャーホルツは「すべての球種が良かったが、スプリットはやはりいいね。何もできなかった。スプリットはカウントボールとウイニングショットと投げ分けていたが、すべてがコーナーだけでなく、低めに集まっていた。厳しい相手だ」と語った。

 カブスは田中獲得を最後まで争った球団のひとつ。当然、彼らのスカウティング・レポートは、田中がその前に投げた2球団(ブルージェイズ、オリオールズ)よりも質、量とも豊富だったに違いない。その中で田中のウイニングショットはスプリットということも認識していたはずだ。だが、そのスプリットを意識するあまり三振の山を築いてしまった。