「新基準バット」導入で真価問われるスラッガー センバツで絶対注目の10人を厳選 (9ページ目)

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

昨年夏の甲子園でも4番としてチームのベスト4進出に貢献した神村学園・正林輝大 photo by Ohtomo Yoshiyuki昨年夏の甲子園でも4番としてチームのベスト4進出に貢献した神村学園・正林輝大 photo by Ohtomo Yoshiyukiこの記事に関連する写真を見る正林輝大(神村学園3年/外野手/178センチ・84キロ/右投左打)

強烈な打球スピードを誇る左の強打者。昨夏の甲子園でも4番を任され、5試合で打率.435と高打率を残してベスト4進出に貢献した。秋の国体では右翼スタンドに本塁打を放っている。基本的には広角に打てる打者だが、とくに腰の入ったスイングで引っ張る右方向の打球は破壊力がある。12歳上の兄・大樹さん(現・Honda熊本マネージャー)は諸富中(佐賀)時代に中学軟式で日本一に輝いた伝説的な選手。初戦は大会5日目に逸材右腕・小川哲平を擁する作新学院(栃木)と対戦する。

9 / 10

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る