ドラマ『下剋上球児』放送後の反響 南雲脩司のモデルとなった熱血教師は「免許持ってんの?」と問われる日々

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

『下剋上球児』第2章〜昴学園監督・東拓司の挑戦(前編)

 おだやかな日差しが降り注ぐなか、高校の校庭では体育の授業が行なわれていた。ソフトボールのティーバッティングを打ち終えた女子生徒が、男性教諭にこう軽口を叩く。

「先生、免許持ってんの?」

 男性教諭は「うるさいわ」と軽くいなして、満面の笑みを浮かべた。

 この前夜、テレビドラマ『下剋上球児』(TBS系)の第2話が放送されたばかりだった。主演の鈴木亮平が演じる南雲脩司が、教員免許を持たずに高校教師をしていたことを告白。X(旧Twitter)では「下剋上球児」が2話連続でトレンド世界1位を獲得するほどの話題になった。

今年4月、白山高校から昴学園に異動になった東拓司先生 photo by Kikuchi Takahiro今年4月、白山高校から昴学園に異動になった東拓司先生 photo by Kikuchi Takahiroこの記事に関連する写真を見る

【異動願を出して昴学園へ】

 男性教諭が女子生徒からイジリを受けたのは、ドラマの原案となった書籍に登場する主人公がこの男性教諭、東拓司(ひがし・たくし)だったからだ。東は2018年夏に白山高校の監督として甲子園初出場に導き、45歳となる今春から昴学園に異動している。

 ドラマ『下剋上球児』は、ノンフィクション書籍『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)を原案としているが、あくまでもフィクションのオリジナルストーリーである。現実には、東は大阪体育大を卒業し、教員免許を取得したうえで三重県の教員採用試験を突破。高校の体育教諭として勤務している。

 ドラマはオリジナルストーリーとはいえ、登場人物の「設定」について東は事前にドラマスタッフから丁寧に説明を受けていた。「ドラマが盛り上がって、原案の本を読んでくれる人が増えてくれたらいいですよ」と東は笑顔で語った。

 ドラマを見た視聴者から「東監督は教員免許を持っていないのか?」という反響が寄せられることはなかったのか。昴学園野球部関係者に尋ねると、前監督で現在も指導に携わる高橋賢はこう答えた。

「いつもお世話になっている近所の食堂のおかみさんから『東先生、免許ないの!?』ってあわてた様子で電話がありましたけど、今のところそれくらいですね。学校に苦情が来ることもないです」

1 / 4

プロフィール

  • 菊地高弘

    菊地高弘 (きくち・たかひろ)

    1982年生まれ。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、2015年に独立。プレーヤーの目線に立った切り口に定評があり、「菊地選手」名義で上梓した『野球部あるある』(集英社/全3巻)はシリーズ累計13万部のヒット作になった。その他の著書に『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! 野球留学生ものがたり』(インプレス)『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る