2022.08.06

高校ナンバーワン捕手、「村神様」の弟、讃岐の怪童…夏の甲子園で絶対に見逃せない個性派の野手10人

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki、Nikkan sports

 8月6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会。今大会の有望選手を投手編に続き、打者たちも紹介していこう。大横綱・大阪桐蔭の主力2選手や香川県が誇る怪童スラッガーなど、個性が際立つ10選手をピックアップした。

2022年夏の甲子園、注目投手はこちら>>

大阪大会で3本塁打を放った強肩・強打の捕手、大阪桐蔭の松尾汐恩大阪大会で3本塁打を放った強肩・強打の捕手、大阪桐蔭の松尾汐恩 この記事に関連する写真を見る 松尾汐恩(大阪桐蔭/178センチ・76キロ/右投右打)

「もうひとつの顔」を持つ高校ナンバーワン捕手。捕手として攻撃面、守備面のバランスのよさは高校トップクラス。高校1年秋まで遊撃を守っていたおかげで、フットワークも天下一品だ。古巣である遊撃手として評価するスカウトもおり、その行く末には大きな希望が広がっている。今春のセンバツでは4試合で2本塁打を放ち、守っては危なげないリードで優勝に導いた。今夏の大阪大会でも7試合で3本塁打を放ち、その破壊力をアピールしている。初戦は大会5日目に旭川大高との対戦になる。