2022.08.01

因縁の鹿児島実に1点差惜敗も、大島高校バッテリーの決断と奮闘は奄美大島の野球の歴史を変えた

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

「奇跡のチーム」大島高校〜激闘の夏(後編)

前編:大島高校ナインの意地と成長の夏はこちら>>

「稼頭央、マジごめん。マジごめん。マジごめん......」

 西田心太朗はうめくように繰り返すと、両手をヒザについて顔を伏せた。大野稼頭央も同じ体勢でうつむいたまま、肩を震わせていた。

 鹿児島大会決勝戦の試合直後、グラウンドで閉会式の準備が進んでいる時のことだった。鹿児島実に2対3と惜敗した大島高校の三塁側ベンチ前で、選手たちは泣きじゃくった。西田は9回裏、無死一塁の場面で強烈な投手ライナーを放ったものの、鹿児島実・赤嵜智哉の好捕に遭い併殺に倒れていた。

「ファーストストライクの真っすぐをとらえようと狙っていたんですけど、ゲッツーになってしまって。自分が塁に出ていればもっと違う結果になっていたのかなと。稼頭央が頑張って投げてくれていたのに、こういう結果に終わって本当に申し訳ないです」

西田心太朗(写真左)と大野稼頭央の大島高校バッテリー西田心太朗(写真左)と大野稼頭央の大島高校バッテリー この記事に関連する写真を見る

孤独と戦い続けたエース

 奄美大島から夏の甲子園へ。その夢ははかなく散った。大野も西田も中学卒業時点で島を出て、誘いのあった鹿児島実に進学する選択肢もあった。

 だが、「島のみんなと甲子園を目指したい」と西田が大島高校への進学を決断。小学生時から島内で対戦してきた大野に「一緒にバッテリーを組みたい」と誘い、ともに大島に進学することになった。大野は幼少期から抱いていた名門・鹿児島実への憧れにフタをし、島内に留まっている。

 高校入学後、急成長した大野の存在はプロスカウトも視察に訪れるほど大きくなっていった。高校2年夏には最速146キロをマーク。2年秋にはエースとして鹿児島大会優勝、九州大会準優勝に大きく貢献。押しも押されもせぬドラフト候補に君臨した。

 だが、「全国ベスト8」の目標を掲げて出場した春のセンバツは、初戦で明秀学園日立に0対8と大敗。拙守に足を引っ張られる格好でもあったが、大野は「立ち上がりから力んでしまった」と反省を口にした。慢性的な腰痛を抱えていた西田も「甲子園に行けてよかったという思いは正直言ってあまりない」と消化不良に終わっている。