2022.07.04

松坂大輔、筒香嘉智ら…横浜高校歴代ベストナインを名参謀・小倉清一郎が選出。「化け物だと思った唯一の人物」は?

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi
  • photo by Nikkan sports

 甲子園春夏合わせて5度の全国制覇を成し遂げた名門・横浜高校野球部の監督・部長を歴任し、数多くのプロ野球選手を輩出してきた小倉清一郎氏。横浜高校野球部の生き字引とも言える小倉氏に、教え子のなかから「歴代ベストナイン」を選んでもらった。

横浜高校時代、3年間で69本塁打を放った筒香嘉智横浜高校時代、3年間で69本塁打を放った筒香嘉智 この記事に関連する写真を見る ピッチャー:松坂大輔(元西武ほか)

 横浜の歴代エースからひとりを選ぶなんてできないが、甲子園春夏連覇の実績で松坂にした。松坂はボールこそ速かったが、コントロールもよくなかったし、入学当初はそこまですごい投手ではなかった。ただ、松坂は体力があった。教え子のなかでも相当鍛えたひとりであることは間違いない。もちろん、愛甲猛(元ロッテほか)や成瀬善久(元ロッテほか)、涌井秀章(楽天)など、思い出深い投手はたくさんいるが、今回は甲子園の活躍ということも含めて松坂にした。

キャッチャー:吉田博之(元南海ほか)

 福田永将(中日)や近藤健介(日本ハム)もいい選手だったが、捕手は吉田博之(元南海ほか)だ。本職はショートだったが、愛甲のストレートをまともに受けられるのは吉田しかおらずコンバートした。慣れないポジションでもしっかりこなし、センスのよさが光る選手だった。バッティングもよく、甲子園で本塁打を放ったのも印象に残っている。

ファースト:筒香嘉智(パイレーツ)

 高校時代はおもにサードを守っていたが、ファーストは筒香嘉智だ。とにかく長打力があって、ミート力も抜群だった。またスイッチヒッターをやっていたこともあり、両打席でホームランを打てる技術を持っていた。化け物だと思った唯一の素材が筒香だ。