2022.04.27

ルパンのように技術を盗み、カメレオンのように擬態する男・大阪経済大の151キロ右腕は「カッコええ」プロを目指す

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

「いいものは盗んで、『ルパン』できたらええなと思ってます」

「ルパン」を動詞として使う言語感覚に、思わず吹き出してしまった。大阪経済大のドラフト候補右腕・才木海翔(さいき・かいと)が「ルパンする」のは、財宝でも心でもなく、野球の技術である。

「豆腐やないですけど、『全部吸収や』と思ってるんで。アメリカのニュースを見ながら、『どうやってあの球を投げるんやろ?』と想像しながら、自分でやってみるんです。どんな選手でも、ここはええなと思う部分って必ずあるので」

最速151キロを誇る大阪経済大の才木海翔最速151キロを誇る大阪経済大の才木海翔 この記事に関連する写真を見る

変化を恐れないマインド

 大阪経済大にドラフト1位クラスの好投手がいるらしい----。

 そんな噂が流れ始めたのは、昨年の秋頃だ。才木海翔という最速151キロを計測する右の本格派で、北海道栄高時代からドラフト候補として知られていた。

 春のリーグ戦の開幕を控えた3月下旬、才木がオープン戦に登板すると聞きつけ、大阪府茨木市の山間部にある大阪経済大の野球部グラウンドへ足を運んだ。

 その日、才木は最終回の1イニングを投げることになっていた。複数人で視察に訪れるNPBスカウトもいるなか、才木はブルペンで投球練習を始めた。

 捕手を立たせた状態での投球姿に、思わず首をかしげてしまった。左ヒザを早く開いてアウトステップする、いわゆる「開きの早いフォーム」。そのうえ、なぜかスローカーブばかり多投する。流れる汗を拭いながら、才木は「あぁ〜、調子わりぃ!」と吐き捨てた。

 その姿だけを見ればドラフト候補とは思えなかったが、実戦のマウンドに上がると印象は一変した。ブルペンでのクセのある投げ方から、バランスのいい投球フォームへ。思わず「別人か?」と疑ったほどだ。快速球は低いゾーンから捕手のミットを押し上げるようなキレと球威があり、この日は最速145キロを計測した。

「投げてる姿だけやと、『あいつ何やねん』って思われると思います」