2022.04.21

「戦国・東都」は2部も逸材だらけ。佐々木朗希世代の152キロ左腕にスカウトも大興奮

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

 これを「2部リーグ」と言ってしまっていいのだろうか......。

 4月16日、大田スタジアムでの東都大学野球2部リーグの3試合を見て、そんなうなり声をあげてしまった。

東都2部にひしめくドラフト候補

 東都大学リーグは今季から「プレユニ22(プレミアムユニバーシティズ22)」を新愛称にすると発表している。22の加盟校が切磋琢磨する思いが新愛称に込められているが、いまだに「戦国東都」のほうが通りはいいだろう。

 1部リーグは國學院大、駒澤大、青山学院大、亜細亜大、日本大、中央大の6校がしのぎを削り、現在2部に在籍するのは拓殖大、専修大、東洋大、立正大、国士舘大、東京農業大の6校。昨春まで1部リーグで戦っていた立正大の奈良間大己(常葉菊川)は、その壮絶さをこう語る。

「1部と2部の差があまりなくて、簡単には勝てない手ごわい相手が揃っていると感じます」

 2009年秋のリーグ戦を制し、明治神宮大会も優勝して日本一に輝いた立正大が、翌2010年春のリーグ戦では最下位になり、入れ替え戦も敗れて2部に転落する出来事もあった。逆に言えば春は2部所属でも、秋には大学日本一を狙える。それが生き馬の目を抜く東都の世界なのだ。

 今季はとくに2部にドラフト候補がひしめいている。前出の奈良間は自身の肉体とバットをうまく使いこなせる、華のある遊撃手。投手では力感のない投球フォームと正確なコントロールが光る専修大の菊地吏玖(札幌大谷)。最速156キロの剛速球を武器にする東洋大の羽田野温生(汎愛)。下級生を含めれば、どの試合にもドラフト候補が見つかる豪華さなのだ。

圧巻の豪華投手リレー

 なかでも2部リーグの目玉といえる存在が、東洋大の3年生左腕・細野晴希(東亜学園)だ。視察に訪れたベテランスカウトの山田正雄スカウト顧問(日本ハム)は、目を丸くしてこう語った。

「彼はすごいねぇ。まだ3年生でしょう? 今年のドラフトでも間違いなく上位候補に入るでしょうね」