2022.03.30

大阪桐蔭の主砲に國學院久我山の切り込み隊長が「絶対に倒す」と挑戦状。中学時代のチームメイト対決が実現

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

「中学の頃から優大(ゆうだい)が大阪桐蔭に行くと知って、『絶対、甲子園で倒すぞ』って本人に直接言っていました」

 國學院久我山のリードオフマン・齋藤誠賢(せいけん)からこの言葉を聞いたのは2月28日だった。齋藤と大阪桐蔭の海老根優大は千葉・京葉ボーイズのチームメイトで、ポジションは同じ外野手である。

大阪桐蔭の主砲・海老根優大大阪桐蔭の主砲・海老根優大 この記事に関連する写真を見る

あいつが出られないチームって...

 海老根は中学硬式球界でその名を知らぬ者はいないほど、名を馳せた逸材だった。中学通算26本塁打を放ち、侍ジャパンU−15代表で4番打者を務めた。小学6年時には陸上100メートル走の全国大会で4位に入賞した身体能力の持ち主でもある。

 中学時代は強肩俊足の海老根がセンターを守り、レフトを守ったのが齋藤だった。齋藤はイチロー氏(マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)に憧れて右投左打に転向した、俊足好打の外野手。齋藤はいつも隣を守る海老根に対抗心を燃やしていた。

「隣に世代ナンバーワンがいると、いい目標になっていました。優大に追いつき追い越せと努力していった結果、どんどんうまくなっていきましたから」

 高校は海老根が全国からエリートが集う虎の穴・大阪桐蔭へ。齋藤は文武両道を目指して國學院久我山へと進学する。齋藤は下級生時からセンターのレギュラーとして活躍したが、海老根は名門の高い壁に直面していた。てっきり1年時から海老根が活躍するだろうと予想していた齋藤は、現実を目の当たりにしてこう思ったという。

「あいつが出られないチームって、どんだけ化け物の集まりなんだ?」

 彼らが高校2年の秋、大阪桐蔭は近畿大会で優勝し、國學院久我山は東京大会で優勝。翌春の選抜高校野球大会(センバツ)出場を確実なものとした。

 齋藤は1番センターとして、公式戦9試合で打率.500、1本塁打、9打点、3盗塁と大暴れ。守備範囲の広いセンターの守備でもチームのピンチを救った。