2022.03.23

大阪桐蔭・前田悠伍は入学後負けなしの救世主。「打たれるわけがない、という気持ちは持っている」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Taguchi Yukihito

 なんともじれったい日が続いた。いつもなら、大阪桐蔭がセンバツに出場する時は大会前にグラウンドを訪れ、練習はもちろん、練習試合も確認し、いざ本番での観戦となるところ、コロナ禍による取材規制が続き、昨年秋を最後に前田悠伍(大阪桐蔭)の投げる姿を見られないまま、センバツ初戦を迎えることになった。

昨年秋、圧巻のピッチングを披露した大阪桐蔭の前田悠伍昨年秋、圧巻のピッチングを披露した大阪桐蔭の前田悠伍 この記事に関連する写真を見る

大阪桐蔭の救世主

 唯一、大阪桐蔭の選手たちがプレーしている姿を見られたのは3月7日、関西学院との練習試合(ダブルヘッダー)だった。センバツ前の大阪桐蔭の試合を見ることができる貴重な機会とあり、当日はメディア関係者、スカウトらが多数詰めかけた。

 ようやく前田の投球が見られると思っていたが、第1試合の先発マウンドに立ったのは左腕の小林丈太。結局、この日の2試合で前田が投げることはなかった。

 それでも1試合目の終了後に15分の囲み取材時間が設けられ、前田の近況を聞くことができた。この2日前、練習試合にリリーフで3回を投げたと言った。

「球数は55球で、三振は4つ。フォアボールはなくて、許したヒットはたしか3本でした。久しぶりの対外試合ということで気合いが入りましたし、指にかかる球も多くあって、そこは成長かなと思いました」

 じつは今年1月に前田にじっくり話を聞ける機会があり、昨シーズンの投球やオフの取り組みについて聞いていた。

 昨年秋の前田は、大阪桐蔭にとってまさに救世主だった。2021年の大阪桐蔭は、センバツで初戦敗退し、夏の甲子園でも2回戦で敗れた。もし秋に、「らしくない」戦いが続くようなら、高校野球界の勢力図が変わり始めてしまう......。そんな予感すらあったが、背番号14の1年生サウスポーがあっさり不安を吹き飛ばした。

 秋の大阪大会では準決勝の履正社戦を含め、要所の試合を任されるも危なげないピッチングで相手を圧倒。近畿大会でも塔南(京都)、東洋大姫路(兵庫)、天理(奈良)の3試合、17イニングを投げ、自責点0。