2021.08.27

夏の甲子園でプロ注目の12人をスカウトが分析。ドラ1候補になれる選手は?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 2年ぶりの開催となった夏の甲子園。今年は雨天順延、降雨コールド、新型コロナ感染による辞退など、波乱の大会となっている。そんな異例ずくめの甲子園で、プロスカウトの目に留まった選手たちは? 視察に訪れていたNPBスカウト4人に注目選手について評価してもらった。

県大会で自己最速となる157キロをマークした明桜の風間球打県大会で自己最速となる157キロをマークした明桜の風間球打 この記事に関連する写真を見る 風間球打(ノースアジア大明桜/投手/183センチ・81キロ/右投左打)

「甲子園では緊張やグラウンドコンディションが悪いなかでの投球になってしまって、本来の調子ではなかったように見えましたが、県大会ではすごいピッチングをしていました。最速157キロのストレートはもちろん、スライダー、フォークのキレもよかった。まだ荒削りだし、伸びしろはたっぷりあると思います。2、3年後はすごいピッチャーになるんじゃないでしょうか」(セ・リーグスカウトA氏)

「スピードはあるし、角度もあって、素材としてはすばらしいです。ドラフト1位の12人に入るのはもちろん、2〜3球団から指名される可能性も十分にあります。あえて課題を挙げるとすれば変化球の精度と内角攻め。そこは改善すべきポイントだと思いますが、それだけ伸びる要素もあるということ。楽しみな存在です」(パ・リーグスカウトB氏)

「股関節が硬いため、上体だけで投げている印象がありますが、それでもあれだけのボールを投げられるのですから、すごい投手だと思いますね。上半身の強さは高校生離れしています。個人的には、将来的に柔らかさを身につけるとものすごいピッチャーになると思っています。今のままだと短いイニングが最適だと思いますが、下半身に筋力がついて、体重移動がうまくできるようになれば、先発ローテーション投手としてバリバリ投げられるようになるでしょう」(セ・リーグスカウトC氏)