2021.04.10

対戦打者も記者も驚きを隠せず。八王子の「和製ランディ・ジョンソン」はモノが違う

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

 それは衝撃の15球だった。

 八王子の羽田慎之介(はだ・しんのすけ)がマウンドに立ち、最初に投げ込んだストレートを見た時点で「モノが違う」と確信した。あまりの破壊力に、こんな思いが頭に浮かんできた。

── もしかしたら、甲子園で投げた誰よりも速く感じるボールを投げているかもしれない。

191センチの大型左腕、八王子の羽田慎之介191センチの大型左腕、八王子の羽田慎之介  4月3日、ダイワハウススタジアム八王子での春季東京都大会初戦・八王子対小平西。八王子が9対1とリードし、コールド勝ちが濃厚になった7回表、身長191センチの大型左腕がマウンドに上がった。

 ノーワインドアップから始動し、上体は立ったまま横手に近い位置から腕が出てくる。球場にいた多くの人間がこう思ったに違いない。

── まるで、ランディ・ジョンソンみたいだ。

 MLBで5度のサイ・ヤング賞に輝き、通算303勝を挙げた大投手。208センチの巨体から「ビッグユニット」の愛称で親しまれた大スターは、サイドスローに近い角度から剛速球を投げ込む投球スタイルだった。

 羽田の長身と横からの角度は、まさにランディ・ジョンソンを彷彿とさせた。

 打席に立った小平西の1番打者・渕元才太は驚きを隠せない様子だった。

「今までの人生で一番速いボールでした」

 この日、先頭打者として立ち上がりにレフト線へ二塁打を放つなどバットが振れていた渕元だったが、羽田のストレートに対して明らかに振り遅れていた。それは渕元だけでなく、羽田と対戦した3選手とも共通して言えることだった。極端に言えば、捕手のミットに収まってからバットを振るようなシーンも見られた。

 圧巻のストレートだけでなくチェンジアップも交え、試合は三者連続三振で締めくくられた。

 小平西は8~9メートルの距離から打撃投手が投げたり、約140キロのピッチングマシンで目慣らしをしたりと羽田対策を積んできた。だが、渕元はこう証言する。

「マシンのボールは少し手元で落ちるんですけど、羽田くんのボールは自分が思っている以上に伸びてきました。人が投げると違うなと思いました」