2021.03.30

センバツ視察のスカウトが絶賛。「最大の掘り出しもの」と評した野手は?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 2年ぶり開催となったセンバツ高校野球大会はプロ注目の好投手が多く、大会5日目までホームラン0本と打者は苦しんだ。そのため、「例年に比べて注目の野手は少ない」とスカウトの目は厳しかったが、それでもプロで育ててみたいと5人の選手の名前が挙がった。なかには、今大会の掘り出し物とスカウトが驚いた無名の逸材がいた。

スカウト評・投手編はこちら>>

好投手・小園健太をリードする強肩・強打の捕手、市和歌山の松川虎生松川虎生(市和歌山/178センチ・98キロ/右投右打)

「バッティングはいいし、肩もすばらしい。肩のいい選手はほかにもいるけど、彼らが全力で二塁に送球しているのに対し、松川はまだ余力を残している感じがします。ただ、プロでマスクを被るとなると、ちょっと苦しいかもしれない」(パ・リーグスカウトA氏)

「バッティングは力強さも柔らかさもあっていい。打てるキャッチャーは評価が高いから、このまま順調にいけば指名されると思います。守備についても、視野が広く、野球をよく知っている。レベルの高いピッチャーとバッテリーを組んでいるだけあって、リードはもちろん、いい間合いでタイムをかけたり、ゲームを動かせる選手だと思います」(セ・リーグスカウトB氏)

「キャッチャーらしいキャッチャーとして印象に残りました。どっしりした体型だけど、素早い送球ができるし、肩もいい。あとよかったのは、バッティング。チャンスで力む場面はあったけど、シャープなスイングをしていた」(セ・リーグスカウトD氏)