2021.03.30

センバツでスカウトが注目した12投手。大会ナンバーワンと評されたのは?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 2年ぶりに開催されたセンバツ高校野球大会は、あと準決勝、決勝を残すのみとなった。優勝の行方が楽しみだが、NPB球団のスカウトたちが注目選手に対してどんな評価を下したのかも気になるところだ。そこで視察に訪れていたスカウト4人に、注目選手の印象について聞いてみた。まずは投手から。

スカウト評・野手編はこちら>>

センバツ2回戦の健大高崎戦で完封勝利を挙げた天理・達孝太達孝太(天理/193センチ・85キロ/右投右打)

「今大会ナンバーワンでしょう。ピッチングプランができているし、インコースのストレートで三振を取りにいくところにセンスを感じました。課題は投げ方。押し出すようなリリースなので、スライダーがボールからボールになる。あとは踏み出す左足が割れてしまうところですね。ここが改善されれば、さらに大きく成長するでしょう」(パ・リーグスカウトA氏)

「3月27日生まれで、先日17歳になったばかり。実質1年違うのにこのレベルなんだから、すばらしいですよね。昨年秋はストレートのアベレージが135キロだったけど、この春は145キロぐらいまで上がっていた。着実にステップアップしています。これに変化球の平均球速が上がってきたら、高校生は打てないでしょう。今大会の投手では、将来性はナンバーワンです」(セ・リーグスカウトB氏)

「上背があって、角度があるのが魅力。投げ方がよく、腕も振れるし、コントロールも悪くない。言うことなしです。球数の多さが気になるけど、変化球の精度が上がれば減らせると思います。この先どうなるのか、本当に楽しみな投手です」(パ・リーグスカウトC氏)