2021.03.31

ダルビッシュが絶賛も突如、野球界から消えた強打者。妻に背中を押され再びNPB挑戦へ

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

「昼ご飯は食べないんです」

 午前9時にチーム練習が始まる直前、インタビューをどのタイミングで始めるか打ち合わせをしていた。チーム関係者から昼休憩のタイミングを提案されていたため、本人にも同様の打診をすると、冒頭の言葉が返ってきた。

 昼食をとらないのは今日に限らないのかと聞き直すと、平然とした様子で「あまり食べないですね」と返ってきた。私は内心「やっぱり独特な感性は変わっていないな」と思わずにはいられなかった。

 植田拓。身長165センチの小兵ながら、盛岡大付(岩手)では高校通算63本塁打のスラッガーとして活躍した。2年夏から甲子園で3季連続ホームランを放ち、3年夏の3回戦・済美(愛媛)戦では2打席連続ホームランの離れ業を演じた。

今年からBCリーグのオセアン滋賀ブラックスでプレーする植田拓今年からBCリーグのオセアン滋賀ブラックスでプレーする植田拓  甲子園での試合前の囲み取材中、植田を巡ってこんなやりとりがあった。ある記者から「昨日は何時に寝ましたか?」と聞かれた植田は「一睡もしていません」と答えた。試合が楽しみすぎて、前夜は眠れなかったのだという。

 しかも眠らなかったのはその1試合だけでなく、3季の甲子園で3回もあった。植田は「寝不足のほうが、いい結果が出るんです」と大真面目に語っていた。

 あれから4年。「寝ない」に加えて「食べない」という人間の欲求にあらがうかのような言葉を聞いて、植田の特殊さは健在だなと笑いがこみ上げてきた。

 植田は今季からBCリーグのオセアン滋賀ブラックスに在籍している。だが、多くの野球ファンにとって植田の記憶は華々しい高校時代でストップしているはずだ。

 高校3年夏の甲子園で放った2打席連続ホームランは強烈だった。1本目は1点ビハインドと後がない9回表に放った同点弾。2本目は延長10回表に放ったダメ押し3ランである。

 とくに2本目は信じがたい内容だった。無死二、三塁、カウント3ボール0ストライクの状況で、相手バッテリーは「歩かせてもいい」と考えたのだろう。外角にわずかに外れる136キロのストレートを投げ込んだ。ところが、植田はこのボールを踏み込んで強振。打球はぐんぐん伸びて、バックスクリーンに飛び込んだ。