2020.07.31

済美の注目スラッガーはパワー&技術あり。
ロッテ右腕の弟は将来性に期待

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
愛媛編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開催している。愛媛では、8月1日から「令和2年度愛媛県高等学校夏季野球大会」が開幕。満を持して開幕を迎える同大会で活躍が期待される選手たちを紹介する。

済美出身ティモンディが語る「野球部あるある」はこちら>>


1年夏に甲子園を経験している済美の強打者・山田響 注目野手の一番手に推したいのが、済美の中軸に座る右の強打者・山田響だ。強烈な金属音を球場にこだまさせるインパクトの強さを見ると、夏を前に高校通算30本塁打近くまで到達したのも納得させられる。昨秋の県大会決勝では、インコースの難しいボールをうまくヒジを畳んでレフトスタンドに突き刺すなど、パワーだけでなく、技術も感じさせるスラッガーだ。

 山田と強力打線を形成する、山本竜介、越智伊吹も力のある右の好打者。昨秋1番を任された山本は、四国大会の岡豊(高知)との初戦(準々決勝)で3安打の固め打ち。ハイレベルな対応力と集中力を公式戦で発揮している。越智は山田とともに、1年夏の甲子園4強を主力として経験。聖地を知る者として、最後の夏の飛躍を誓う。

 昨秋の県大会3位決定戦で敗れて四国大会出場は逃したものの、豪快なアーチで意地を見せた帝京五の西田佑崇、2年生レギュラーとして出場した昨夏の甲子園で猛打賞を記録した宇和島東の赤松拓海らの右打者のパンチ力も県上位レベル。

 小松の内山蓮仁は170センチ台前半と体格には恵まれていないが、スタメンマスクを任された昨秋の県大会決勝で、両翼99.1メートルの広さを誇る坊っちゃんスタジアムのレフトスタンドに叩き込んだ。四国大会では打力を買われて外野手で起用されるなど、一発長打にチームも期待を寄せる。

 スムーズな振り出しから角度のついた打球を放つ新田の池内柊仁(しゅうじ)、逆方向に強く弾き返せるツボを持つ松山聖陵の坂本幸成、卓越したバットコントロールを見せる小松の2年生・福島未来翔(らいと)ら、巧打が光る左打者たちも見逃せない。