2020.05.02

済美出身ティモンディが語る「野球部あるある」。寮生活、上下関係、挫折など

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

ティモンディが語る済美への「野球留学」 後編(前編はこちら)

 高校時代、他県から愛媛・済美に野球留学した人気若手芸人のティモンディ(前田裕太、高岸宏行)。インタビューの後編では、野球留学生の生活ぶりや挫折、そして「第二の故郷」である愛媛への思いを聞いた。

愛媛の強豪・済美高校の野球部でプレーしていたティモンディの前田(左)と高岸(右)※インタビューは3月中に実施

――寮生活について教えてください。済美の寮は個室ですか?

前田 寮が変わったので今のことはわかりませんが、当時はひとりにつきひと部屋でした。食堂と風呂は共用です。2畳くらいの狭い個室で、寝るためのスペースという感じでしたね。

――持ち込みはどこまで可能なんですか?

前田 漫画はOKですが、練習が終わる頃には本屋さんも閉まっているので、なかなか手に入れる手段がないんです。先輩が持ち込んだものを後輩が受け継いで、少しずつ足していく感じでしたね。テレビも持ち込みOKですが、怒られそうな雰囲気があって(笑)。部屋にコンセント口が1カ所しかなかったですし、食堂に大きなテレビがあったのでそれで足りました。

――高岸さんは入寮時に荷物が少なかったと聞きましたが、本当ですか?

高岸 はい! 布団、枕、救急箱、煮干し......。

――煮干しが異彩を放っていますね(笑)。

高岸 ずっと大好きだったんです! 実家の滋賀や父の実家がある愛媛の新居浜から仕送りの煮干しが届きました。わざわざ送ってくるのは親の優しさ。「カルシウムをとって、ケガをしないように」というメッセージだったのかなと。

前田 高岸がいつも煮干しの瓶を持っていたから、ときどきもらったりしていたね。