2020.07.18

「福島のドクターK」はプロ注目の逸材。磐城には防御率0点台の本格派がいる

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan Sports

スポルティーバ厳選!
高校野球47都道府県の注目選手
福島編

新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開いている。福島では県独自の代替大会「福島2020夏季高校野球大会」が7月18日に開幕。激戦の中心になると予想される注目選手を紹介する。

「福島のドクターK」こと、学法福島のプロ注目左腕・辻垣高良(たから)のピッチングは見ものだ。
学法福島のプロ注目左腕・辻垣高良 神戸中央リトルシニア時代は控え投手だったが、遠く離れた福島の地で急成長を遂げた。最速138キロと驚くスピードではないが、180センチの長身から投げ込む直球は球威十分だ。カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークといった多彩な変化球も効果的に使うクレバーな投球も目を引く。昨秋は県大会、東北大会の9試合を一人で投げ抜き、85イニングで89奪三振。逸材左腕の奪三振ショーを今夏も期待したい。

 昨秋の東北大会8強の磐城。躍進の原動力となったエース右腕・沖政宗も本格派だ。小学生の時に「楽天イーグルスジュニア」に選ばれた沖は、中学時代に県外の強豪私学から勧誘されていたが、自らの意志で県立・磐城への進路を選んだ。沖は高校でたくましく成長し、ストレートは最速141キロ。ノビのある直球に加え、変化球の精度も抜群だ。昨秋は公式戦9試合に登板して驚異の防御率0.90。今夏も快進撃を支える重要な役割を担う。

 投手でこの他に注目したいのが、東日本国際大昌平のチームの大黒柱である右腕・大内弘也。また、古豪福島商の右腕・鈴木悠陽もマウンド経験豊富で、140キロ前後の直球に威力がある。