2020.07.18

阪神・西純矢の後継者は順調に成長中。
岡山の隠し玉は捕手から再転向の大型右腕

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
岡山編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開催する。岡山では、7月18日から「2020夏季岡山県高等学校野球大会」が開幕する。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介したい。

創志学園のエース・三方陽登は記事はこちら>>

プロのスカウトも注目する創志学園のエース・三方陽登 岡山県内の投手で、ここまでの実績と注目度が頭ひとつ抜けているのが、西純矢(現・阪神)のあと創志学園のマウンドを守るエース右腕・三方陽登(みかた・はると)だ。185センチの長身から投じるストレートは角度があるだけでなく、今シーズンが本格的に始まる前の時点で最速146キロ。夏にどこまで増速してくるかも気になるところ。

 技巧派で存在感があるのが、昨秋の中国大会王者で、センバツ出場権を獲得していた倉敷商の右の主戦格である福家悠太。体格は小柄だが、バランスのいい投球フォームから制球よくストレートと変化球を投げ分ける"勝てる投手"だ。倉敷商は、福家のあとを継いでマウンドに上がる2年生左腕・永野司のキレのある速球も見逃せない。

 そのほかの右投手では、秋の県大会進出校・美作の植田海斗、伸びのある低めのストレートを武器に、2年前の1年生大会優秀校受賞に貢献した岡山理大付の錦織俊介の2人も力を秘める。

"隠し玉"として紹介しておきたいのが、昨秋の公式戦終了後に捕手から投手に再転向した、おかやま山陽の189センチ右腕の梶谷晃暉(こうき)。公式戦での実績はないものの、長身を持て余さず使いこなすボディーバランスと指先の弾きに将来性が垣間見える。

 秋以降の競争も楽しみな2年生世代の右腕も多士済々。内角に攻め切る強心臓と負けん気全開の投球スタイルが頼もしい創志学園の川端師童、スムーズな体重移動で上・下半身を連動させながら投げるおかやま山陽の大槇優斗(まさと)、1年生だった昨夏の甲子園のマウンドも経験した岡山学芸館の仲村竜、角度と馬力に魅力溢れる岡山理大付の坂本凛の4人から誰が主役に躍り出るか。

 間違いなく"当たり年"と言える左腕の充実ぶりも今年の岡山の特徴だ。