2020.07.06

広島の夏。広陵、武田の本格派右腕と
高陽東、尾道商の強打者に注目だ

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
広島編

  新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校選手権大会」が中止となり、その替わりに、各都道県は独自の代替大会を行なうとしている。広島は7月11日から「令和2年夏季広島県高等学校野球大会」が開幕。大会での活躍が期待される好選手たちを紹介していきたい。

最速143キロを誇る広陵のエース・山川大輝 注目投手の筆頭候補は、広陵の山川大輝、武田の久保田大斗(だいと)の本格派右腕ふたり。

 広陵のエースナンバーを背負う山川は、昨年秋の時点で最速143キロに到達。同校の歴代エースと同じ軸足で粘れる投球フォーム、そつのないフィールディングも光る好投手だ。昨秋は県大会の準決勝、3位決定戦で連敗し、中国大会出場ならず。今夏はマウンドを守り抜き、有終の美を飾ってほしい。

 昨年ドラフト指名を受けた谷岡楓太(オリックス)からエースの座を受け継いだ武田の久保田は、再開後の実戦で自己最速の144キロを叩き出した。最速更新だけでなく、1試合を通じてのストレートの平均球速も140キロを超えるなど、著しい成長を見せている。

 左腕では、広島新庄、広島商の2校が擁する"左腕コンビ"に要注目。昨秋の中国大会3試合を投げ抜いた広島新庄の秋山恭平は、好不調に関係なく投球をまとめられる安定感が頼もしい。筑後サザンホークス(福岡、フレッシュリーグ)に所属した中学時代は侍ジャパンU−15代表に選出されるなど、大舞台で積んだ経験値が生み出すマウンド度胸も魅力のひとつ。