2020.04.17

甲子園常連校監督がコロナ不安を吐露
「3年生の進路にどう影響するか」

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Kyodo News

 新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、世の中は前代未聞の生命の危機にさらされている。2月末に政府から国内の小、中、高校に対する一斉休校の要請が出されると、それを機に、スポーツイベントは軒並み延期、中止となった。

 野球界もセンバツ高校野球大会が中止となり、プロ野球もいまだ開幕のメドが立っていない。4月7日には7都府県に緊急事態宣言が出されるなど、野球どころではない状況が続いている。

5月6日までの練習休止を決めた明石商・狭間善徳監督 センバツ大会に出場予定だった明石商(兵庫)は、緊急事態宣言を受けたことで4月9日から5月6日まで臨時休校となった。

「命に関わることだから仕方ない。今は命を守らないといけない」

 狭間善徳監督はそう言ってため息をついた。

 3月3日から明石市の要請により学校は休校となっていたが、当時はまだセンバツ大会の開催可否が決定していなかったため、5日から11日までの1週間のみ、特別に練習することを許可された。

 その後、11日の開催中止を受けて、4日間の休止後、日中のみ練習を再開した。明石商の場合、遠方に住む一部の選手は下宿しているが、電車通学の生徒も多く、朝のラッシュの時間帯を避け、春休みとなった3月下旬からは夕方まで練習を続けてきた。