2019.03.27

スカウトも唸る光星学院・武岡の守備力
「高校時代の坂本勇人より上」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

――本当にすごいヤツは、たとえ注意しなくても勝手に目に飛び込んでくるものなんだ。

 スカウトから聞いたそんな名言を思い出させてくれたのは、八戸学院光星(青森)のショート・武岡龍世(りゅうせい)である。身長180センチ、体重78キロ。均整の取れた体型は、ショートのポジションに立つとよく映える。

「守備にかけては光星OBである坂本勇人(巨人)や北條史也(阪神)の高校時代よりうまい」

 八戸学院光星を率いる仲井宗基監督の発言は、決してリップサービスではないはずだ。しなやかさと強さを併せ持つ体幹を生かした遊撃守備は、間違いなく高校屈指。グラブさばき、足さばき、スローイングと随所にポテンシャルの高さがにじみ出ている。

坂本勇人2世と称される光星学院の武岡龍世 武岡の守備の特徴は、グラブが常に地面の近く、低い位置にあることだ。武岡に聞いてみると、その効用を教えてくれた。

「無駄を省きたいんです。普通はゴロを待つ間にグラブを上げたり、手首を返したりする選手もいると思うんですけど、よけいな動作が入ることで捕球が難しくなると思うんです。それで常に低いところでグラブの捕球面を向けて待っておくようにしました。1年生のときに津田(勇志)コーチに教わって、それからずっとやっています」

 グラブを地面の近くに置いて打球を待つことで、準備が早くなる。結果的に捕球の確実性が上がり、イレギュラーバウンドへの対応も柔軟にできる。だから武岡の守備は華麗なだけでなく、見ていて安心感がある。

 しかし、武岡は「坂本や北條の高校時代より上」という仲井監督の評価に対する感想を報道陣から求められるたびに、「すごくうれしいんですけど……」と複雑な苦笑いを浮かべる。広陵(広島)との春のセンバツ初戦の試合前、武岡に「走・攻・守で一番自信があるプレーは?」と聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「全体的に自信はあるんですけど、どっちかというとバッティングで『自分』を発揮したいです」