2017.07.06

高校野球の名コーチ・小倉元部長に聞く
「夏の神奈川大会はこうなる」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by 日刊スポーツ/アフロ

 今年も"熱い夏"がやってきた──。全国の高校球児たちが甲子園を目指して熱戦を繰り広げる都道府県大会が各地で始まっている。なかでも189チームが参加する神奈川県大会は、大阪府と並んで全国でも屈指の激戦区として知られている。

 強豪校も数多い神奈川県を勝ち抜くのはどこになるのか。コーチ、野球部長として長年にわたり横浜高校を指導し、甲子園の強豪に育て上げた小倉清一郎氏に、"神奈川をもっともよく知る男"としての見立てを聞いてみた。

投手のバリエーションに欠ける横浜は、外野手の万波中正もマウンドに

──7月8日に、高校野球の神奈川県大会が開幕します。2014年まで横浜高校のコーチ、部長として、ずっと神奈川で戦い続けた小倉さんは、今年はどこが優勝すると予想しますか。

小倉 単刀直入に言うと、優勝するのは、横浜か東海大相模のどっちかです。その確率は、横浜40%、東海大相模40%ずつか、横浜45%、東海大相模45%といったところ。それ以外の高校が勝ち上がる可能性は低い。慶應のエースの故障が治れば、慶應の可能性が10%くらい出てくるかもしれません。