2016.08.19

1位指名は4人。プロのスカウトが認めた
「甲子園18人の逸材」

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 春のセンバツの時点では「今年は不作。高校生でドラフト1位クラスはいない」と嘆いていたスカウトたちの表情が一変。今夏の甲子園では球速150キロを記録した投手が4人も登場するなど、豊作の年となった。

3回戦で敗れたが、スカウトから高評価を得た履正社・寺島成輝 大会前から評価の高かった寺島成輝(履正社)、藤平尚真(横浜)、高橋昂也(花咲徳栄)の”BIG3”のなかでナンバーワンの評価を受けたのが、甲子園で150キロをマークした寺島だ。スピードばかり注目されるが、むしろ制球力や相手を見て投げられる点を評価する声が多い。

「余裕があるし、頭がいい印象を受ける。360度視野があるというのかな。相手を見ながら、自分の力をどう発揮すればいいかがわかっている」(セ・リーグスカウトA氏)

「真っすぐで空振りが取れるし、球が強いよね。特に右バッターのインコースのストレートは力強い。特筆した変化球がないから三振は少ないけど、武器になる変化球を覚えればすぐ一軍もある」(パ・リーグスカウトB氏)

「気持ちと体をコントロールできているし、ピッチングはセンサーが指先についている感じ。リリースの感覚は天才。プロではエースとは言わないまでも、ローテーションを守り、安定して10勝を続けられるピッチャーになるんじゃないかな」(パ・リーグスカウトC氏)

「目一杯ではなく、余力があるよね。ピンチでスピードが上がるなど、がむしゃらに投げるのではなく、メリハリをつけた投球ができるところがいい。左では大学、社会人を含めてもナンバーワンでしょう」(セ・リーグスカウトD氏)