2015.04.06

【自転車】TeamUKYOがツール・ド・台湾で示した総合力

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira  プロトンイメージスアジア●写真 photo by Peloton Images Asia

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第51回】


 国内ロードレース選手権「Jプロツアー」の開幕戦を制したTeamUKYOは、3月下旬に海を渡り、ツール・ド・台湾に挑んだ。新たな選手を加え、昨年以上に充実した戦力となったTeamUKYOは、アジアの強豪の中でどのようなパフォーマンスを発揮したのか――。

(前回コラムはこちら)

ツール・ド・台湾4日目、雨の山岳ステージで健闘した土井雪広 3月22日から26日まで、TeamUKYOはUCIアジアツアー[2.1](クラス1のステージレース)に分類されるツール・ド・台湾に参戦した。

 台湾、韓国、香港、イラン、オーストラリア、日本といったアジア環太平洋諸国に加え、アメリカやオーストリア、ドイツ、ベルギーなど欧米諸国から、計23ものプロコンチネンタルチームコンチネンタルチームが参戦し、115選手がエントリーした。

 TeamUKYOからは、監督の片山右京を筆頭に、キャプテンの土井雪広、窪木一茂、サルバドール・グアルディオラ、オスカル・プジョル、パブロ・ウルタスンという陣容で臨んだ。全5ステージで争われるレースは、初日が台北市内に設定されたコースを周回するクリテリウム、2日目と3日目は多少の起伏を含む平坦基調のコース、そして4日目が上り勾配の続く厳しい山岳ステージで、最終日の5日目は序盤にアップダウンがあるものの、以後は再び平坦基調となるコース――というプロファイルだ。

 レースに先だち、監督の片山右京は、おそらく4日目の山岳ステージで総合優勝の行方が絞られてくるだろう、と話した。