2015.03.02

【自転車】TeamUKYOのエースが語る「今の若手に言いたいこと」

  • 西村章●構成・文・写真 text by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第46回】

 TeamUKYOに移籍して3年目――。31歳の土井雪広は今季、エースライダーとして若いチームを牽引する。ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアと並び、「3大ツール」のひとつに数えられるブエルタ・ア・エスパーニャを日本人として初めて走った土井は、今の若手に対してどう思っているのか。

(前回コラムはこちら)

合宿地の沖縄で黙々とトレーニングに励む土井雪広 2015年のTeamUKYOは、31歳の土井雪広が名実ともにチームの司令塔として中心的役割を担う。昨年まで自らに課していた役割は、レース全体の状況を見ながら戦略を組み立て、集団の中で駆け引きを行ないつつ、エースライダーたちを勝負どころまで牽引していくアシストの役割だった。しかし今年は、「自分自身も積極的に勝ちを狙いに行く」と話す。

 そのひとつとして、明確に目標を据えているのが、毎年初夏の6月ごろに行なわれる全日本選手権だ。

 土井は2012年の全日本選手権で勝利を収め、「ナショナルチャンピオンジャージ」を手にしたその年の冬、TeamUKYOに加入した。各国のナショナル選手権で優勝を果たした選手は、次の年の大会まで、その国の国旗をあしらった特別なチャンピオンジャージを着用してレースに参戦する権利を持つ。ナショナルチャンピオンジャージを着ることができるのは各国1名と限られているため、国旗をあしらったジャージを着用している選手は、自転車ロードレースの世界では大きな敬意をもって待遇される。