【新車のツボ136】ルノー・トゥインゴ、
人もクルマも見た目でしょ?

  • 佐野弘宗●文・撮影 text&photo by Sano Hiromune

 フロントが軽いので運転感覚にも少しクセがあるのだが、「曲がるときは前輪にちょうどよく荷重がかかるように減速する」とか「クルマの向きが変わったら早めにアクセルを踏んでいく」といった独特のタイミングをつかむと、後輪駆動ならではの、そこはかとない楽しさがただよう。超感動するほどではないけど、それなりに滋味がある。愛車として何年も連れ添うなら、これくらいのクセがあるほうが、「この子は私が運転しないと......」と、より深い愛着がわくというものだ。

 ......なんて、見た目にホレてしまうと、あとは"アバタもエクボ"になってしまうのは人間もクルマも一緒。万物共通のツボである。

  • 【スペック】
  • ルノー・トゥインゴ・インテンス・キャンバストップ
  • 全長×全幅×全高:3620×1650×1545mm
  • ホイールベース:2490mm
  • 車両重量:1030kg
  • エンジン:直列3気筒DOHCターボ・997cc
  • 最高出力:90ps/5500rpm
  • 最大トルク:135Nm/2500rpm
  • 変速機:6AT
  • JC08モード燃費:21.7km/L
  • 乗車定員:4名
  • 車両本体価格:199万円

■「新車のツボ」バックナンバーの一覧>>

プロフィール

  • 佐野弘宗

    佐野弘宗 (さの・ひろむね)

    1968年生まれ。新潟県出身。自動車評論家。上智大学を卒業後、㈱ネコ・パブリッシングに入社。『Car MAGAZINE』編集部を経て、フリーに。現在、『Car MAGAZINE』『モーターファン別冊』『ENGINE』『週刊プレイボーイ』『web CG』など、専門誌・一般紙・WEBを問わず幅広く活躍中。http://monkey-pro.com/

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る