【新車のツボ127】
スバル・レガシィアウトバック
目からウロコの、元祖なんちゃってSUV

  • 佐野弘宗●取材・文・写真  text&photo by Sano Hiromune

 スバルの本拠地である群馬県といえば、自然は豊かで農林業もさかん。山間部は雪深い。スバルというと、一部マニアはラリーでの活躍やかつてのレガシィを思い出して、ギンギンな走り一辺倒のイメージをお持ちかもしれない。だが、本来のスバルは伝統的に、あぜ道での走破性や荷物の積み下ろしやすさなど、地味ではあるが、地に足が着いたクルマづくりを身上としてきた。

 アウトバックには、そんなスバルの良心的な伝統と世界のトレンド......という2つのツボが、"なんちゃって"という商品コンセプトを介して、なんともイイ感じに融合している。

【スペック】

スバル・レガシィアウトバック・リミテッド

全長×全幅×全高:4815×1840×1605mm

ホイールベース:2745mm

車両重量:1580kg

エンジン:水平対向4気筒DOHC・2498cc

最高出力:175ps/5800rpm

最大トルク:235Nm/4000rpm

変速機:CVT

JC08モード燃費:14.6km/L

乗車定員:5名

車両本体価格:345万6000円

■「新車のツボ」バックナンバーの一覧

プロフィール

  • 佐野弘宗

    佐野弘宗 (さの・ひろむね)

    1968年生まれ。新潟県出身。自動車評論家。上智大学を卒業後、㈱ネコ・パブリッシングに入社。『Car MAGAZINE』編集部を経て、フリーに。現在、『Car MAGAZINE』『モーターファン別冊』『ENGINE』『週刊プレイボーイ』『web CG』など、専門誌・一般紙・WEBを問わず幅広く活躍中。http://monkey-pro.com/

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る