2016.08.28

【新車のツボ127】
スバル・レガシィアウトバック
目からウロコの、元祖なんちゃってSUV

  • 佐野弘宗●取材・文・写真  text&photo by Sano Hiromune

 普通のステーションワゴンやハッチバックの車高をカサ上げして、少し飾りをつけただけの”なんちゃってSUV風グルマ”は、失礼ながら、お手軽商品そのものである。

 ただ、この種のクルマは意外(ふたたび失礼)に人気がある。なるほど、「本格的なSUV性能は不要だし、あまり大げさなカタチは好きじゃないけど、ちょっとした未舗装や段差などに気づかいしなくていい」とか「安心できる定番商品ながらも、少しだけ人とちがうヤツがほしい」といった絶妙なニーズに、こうした”なんちゃって系”はちょうどいい。

 スバルのレガシィアウトバックは、本来はニッチ商品だった”なんちゃって系”のなかでも、定番に昇格した代表格といっていい。というか、じつはアウトバックは、なんちゃって系SUV風ステーションワゴンの元祖的な存在だったりする。

 アウトバックの初代にあたる”グランドワゴン”は2代目レガシィツーリングワゴンをベースに1995年に発売された。この種のクルマは今では世界中のメーカーが当たり前のようにつくっているが、この初代グランドワゴンがほぼ世界初だ。