2020.09.14

内田理央さん、ロングパットの3カ条を覚える。ホールアウトへ前進!

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

 第20回 ホールアウトを目指す

ここまでのレッスンページ一覧はこちら>>

 内田理央(うちだ・りお)さんが、ゴルフに初挑戦し、コースデビューを目指すレッスン。指導するのは、初心者からプロまで、幅広い層にレッスンを行なっている関浩太郎コーチ。初ラウンドでグリーンにボールを乗せた内田さん。ロングパットを残したここから、うまくカップインしてホールアウトを目指します。
↓【動画】ホールアウトを目指す

長い距離は3回で入れられれば100点

内田理央(以下内田)グリーンにたどり着きましたね。

関浩太郎(以下関コーチ)ついに来ましたね。では、このパターにクラブを持ち替えまして、あそこの旗がささっている穴にこのボールを入れたら、ホールアウトということになります。

内田 はい。

関コーチ これ1回で入れたくなっちゃうじゃないですか。ただ、面白いデータがありまして。

 タイガー・ウッズらがプレーしているUSPGAツアーのプロの世界で、4メートルくらいのパットが入る確率は、実は2割くらいしかないんです。

内田 低めなんですね。

関コーチ 4メートルというと、テレビで見るとほとんど入っているように思いますけど、プロでもそのくらいしか入っていないんですね。

内田 はい。

関コーチ スポーツニュースなんかで見ると、優勝したいちばん成績のよかった人の、1日のダイジェストみたいなものを見てしまうので......。

内田 だからですね! すごいところしか見ていないんですね!

関コーチ そうなんです。だからすごく入っちゃうような気になるんですけど、これくらいの距離であれば、1回では入れなくていい距離です。

内田 なるほど。攻めにいかなくていいんですね。

関コーチ 2回で120点。初めてですから、3回で入れられれば100点です。

内田 はい。

カップまでの距離を見ながら素振りする

関コーチ では長めの距離でもなるべく寄せられるように、打ち方もちょっと説明したいと思います。これも3カ条です。

内田 3カ条!

関コーチ まず打つ前に素振りをして、どのぐらいの大きさで振ったらちょうどいいのかを決めます。