2020.06.15

内田理央さん、打ちっ放し練習場を初体験。マナーや利用法を学ぶ

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

 第10回 練習場の使い方

ここまでのレッスンページ一覧はこちら>>

 内田理央(うちだ・りお)さんが、ゴルフに初挑戦! 6カ月でコースデビューを目指します。指導するのは、初心者からプロまで、幅広い層にレッスンを行なっている関浩太郎コーチ。第10回は、ついにスタジオを飛び出して、打ちっぱなしの練習場に向かいました。今回は初めて行く人でも迷わないよう、練習場の基礎知識や、マナーを学びます。

↓【動画】練習場の使い方

内田理央(以下内田)コーチ! ついにスタジオを抜け出して、練習場に来ちゃいました。ドキドキしています。

関浩太郎(以下関コーチ)はい。スタジオは打席が狭かったですから、打ったあとのボールが飛んでいくさまは、なかなか見えなかったと思います。しかし練習場は広いですから、飛んでいくところが最後まで見えます。

内田 初めて練習場に入るので、どんな感じになっているのか想像がつかず、緊張しております。

関コーチ 飛んだら気持ちいいのもそうですけど、その反面、打った先が見えますので、当ててやるぞ、飛ばしてやるぞと力も入りやすいですので、気をつけて頑張っていきましょう。

内田 はい。早速ですが、どうすればいいんでしょうか?

関コーチ まずはチェックインのやり方を。そんなに難しくはないんですけど、簡単に説明しますね。

内田 お願いします。

1階と2階では料金が違う

関コーチ では、実際にチェックインしてみましょう。

内田 これはモニターを見て、打席を決めればいいんですか?

関コーチ そうです。今、上が2階で、下が1階の空いている打席が表示されています。

内田 私は初めてなので、2階と1階の違いも、そもそもよくわかっていなんですが。