2020.05.11

内田理央さん、ピンに寄せるアプローチを学ぶ。ボールを転がす簡単な打ち方とは

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

 第8回 転がすアプローチを打つ

ここまでのレッスンページ一覧はこちら>>

 内田理央(うちだ・りお)さんが、ゴルフに初挑戦! 6カ月でコースデビューを目指します。指導するのは、初心者からプロまで、幅広い層にレッスンを行なっている関浩太郎コーチ。第8回は、グリーン上のピンにボールを寄せていくショット、アプローチを学びます。今回は、ボールを転がしながら寄せるアプローチです。

↓【動画】転がすアプローチを打つ

内田理央(以下内田)コーチ、今日もよろしくお願いします。

関浩太郎(以下関コーチ)よろしくお願いします。

内田 あの、ゴルフの中継を見たんですけど、プロの選手のみなさんは、すごく「バーン」って大きく打つ時もあるし、調整して「ピュッ」って打つ時もあるじゃないですか。あの違いは何ですか?

関コーチ 思いきり「バーン」と打つのは、フルショットと言います。ゴルフ場は広くて、1ホールで400~500ヤード(約400~500メートル)くらいありますので、(ピンが)遠い時には打って、打って、遠くにボールを進めます。

 そして、グリーンですね。コロコロとボールを転がして、最後に穴に「コトッ」と入れるところですが、グリーンに近づいてきたら思いきり打つとボールがグリーンを飛び越えてしまいます。そこを、「ふわっ」と上げてピタリと止める。これをアプローチと言います。

内田 アプローチ!

関コーチ アプローチは自分で加減して打って、丁度残った距離に対してポトッと落とさないといけないんです。

内田 自分で見極めてやらなきゃいけないんですね。

関コーチ このあたりからは、ただ思いきり打てばいいだけではなくなってきます。それで、今回はそのアプローチをやっていきたいと思います。