2017.03.21

セリエA移籍、東日本大震災を経て……
37歳、小笠原満男が語る矜持

  • 津金一郎●文 text by Tsugane Ichiro  五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

  

クラブハウスで取材に応じてくれた小笠原満男
 2016年シーズン、全豪オープンでベスト4になると、世界最古の歴史を誇るウィンブルドンでは準優勝。自身初となる4大大会の決勝進出を果たすなど、世界ランクは自己最高位の3位まで登りつめたカナダのプロテニスプレイヤー、ミロシュ・ラオニッチ。身長196cm、体重86kgの恵まれた体格から最速250kmの強烈なサーブと、フォアハンドの高い打点からの力強いショットを武器に、いま最もグランドスラム大会の栄冠に近い存在である。

 そのラオニッチが世界ナンバーワンの称号を手にするために、「炎を燃やし続けろ」と自らを鼓舞する姿を描いた動画が、ニューバランスがグローバル展開する『A LETTER TO MY FUTURE SELF』のミロシュ・ラオニッチ編だ。

 アスリートが競技人生を振り返り、3年後、5年後、10年後の未来への自分自身に向けて発信する『A LETTER TO MY FUTURE SELF』で、ラオニッチのメッセージを受け取った鹿島アントラーズの小笠原満男も、自身のキャリアを振り返り、未来の自分に思いを馳せる−−−−−−−。