阪神歴代ベストナインをますだおかだ増田英彦が選出。ショートに新庄、投手はまさかの「昭和の怪物」

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kyodo News

ーーでは、増田さんの独断と偏見による、阪神タイガースの歴代ベストナインを教えてください。

【増田英彦の阪神タイガース歴代ベストナイン】

ピッチャー:江川卓 
キャッチャー:田淵幸一 
ファースト:ランディ・バース 
セカンド:岡田彰布 
サード:掛布雅之 
ショート:新庄剛志 
センター:赤星憲広 
レフト:金本知憲 
ライト:佐藤輝明

ーー意外な名前が見られますが、まずキャッチャーは田淵幸一さん。

増田
 じつは僕が小学生の時に西武へ移籍(1979年)をしてしまって、それほど印象はないのですが、やっぱ阪神のキャッチャーといえば田淵さん。ホームランバッターですし、いい記憶しか残ってないんですよね。田淵さんとサードの掛布さんはすぐに決まりました。"ミスター・タイガース"の掛布さんはスター中のスターでしたし、少年野球をやっていた時、よく真似して、守備をしながら手に砂をつけて舐めていましたよ。

ーーその掛布さんと1985年の日本一でクリーナップを担ったファーストはバースさん、セカンドは岡田さん。

増田 三冠王のバースに関しては文句なしですよね。セカンドに関しては和田豊さんとどっちにするか悩んだんですよ。和田さんもすばらしい選手でしたからね。けど僕が監督の立場ならば、やっぱりあの3番バース、4番掛布、5番岡田の打線を組みたい。なので、岡田さんでお願いします。

ーーそして、何とショートには現在日本ハム監督の新庄剛志さんが入っています。

増田 新庄さんは最初、外野手として入団したんですけど、1年目に自ら志願してショートにコンバートさせてもらったんですよね。だから2年目のプロ初スタメンはショートでした。やっぱりあの身体能力ですし、その後再び外野手に転向しましたが、大型内野手として夢がありましたよね。まあセンターでの選出も考えたのですが。

ーーそのセンターには赤星さん。

増田 やっぱあの守備力と走力を考えても赤星さんには1番・センターを任せたい。ここは近本光司選手と迷いました。じつは近本選手には思い入れがあって、2018年のドラフト会議の時、吉田輝星投手や藤原恭大選手、根尾昂選手、小園海斗選手といった話題の選手が多かったんですけど、ある番組で、「阪神は、隠し玉である大阪ガスの近本選手を獲ってほしい」と言ったんです。すると、現場は「えっ、誰!?」って空気だったんですけど、実際に決まった時は「うおっ!」て声を上げましたからね。

ーーそれはうれしかったでしょうね。

増田 ええ、ドンピシャですから。で、レフトでここは金本さんいかなぁ仕方ないですし、ライトはサトテル。ここは新旧長距離砲のそろい踏みですね。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る