2019.07.28

世界水泳で判明。渡辺一平が
東京五輪で金メダルをとるための課題

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 二宮渉●写真 photo by Ninomiya Wataru

 世界水泳選手権大会、平泳ぎ200mに登場し、世界記録が生まれたこのレースで、銅メダルを獲得した渡辺一平(トヨタ)。翌日の決勝がハイレベルになることは、前日の予選と準決勝からわかっていた。

ハイレベルな戦いのなかで、銅メダルを獲得した渡辺一平 渡辺は予選を2分09秒68の9位で通過して、「泳いでいる感覚はよかったですが、思っていたよりタイムは遅かった」という泳ぎだった。

 夜の準決勝では、2分08秒04と目標どおりのタイムで泳ぎ、「準決勝のレースプランをコーチと考え、100~150mでどんどん上げて、150mのターンで自分がどこの位置にいるかを把握して力を抜く形を取りました」と、余力を残して決勝に進んだ。

 一方、決勝で渡辺と接戦を繰り広げたライバル2人は、圧倒的な強さを予選、準決勝から見せていた。アントン・チュプコフ(ロシア)は、準決勝で2分06秒83。マシュー・ウィルソン(オーストラリア)は準決勝で渡辺の持つ世界記録(2分06秒67)タイを出す好調ぶりだった。

 大会前の想定は対チュプコフを考えていたが、そこにウィルソンも入ってきた状況について準決勝後、渡辺はこう話していた。

「決勝にはチャレンジャーとして臨めるし、誰が世界一速いかを決める戦いになると思うので楽しみになってきた」

 翌日の決勝は、2017年に世界記録を出して以来、自分がもっとも速いタイムを出せるレースプランを持って臨んだ。

 前半から突っ込んだウィルソンに対し、渡辺も150mまで自身の世界記録のラップを0秒44上回る泳ぎ。ラスト50mは、奥野景介コーチと話し合った「25mは掻き数を増やさないようにして、そこからテンポアップ」と、準決勝よりひと掻き多い19ストロークに増やしたが、結果、銀メダルのウィルソンを0秒05捕えきれなかった。

 優勝したチュプコフは、ラスト50mを31秒89という驚異的なラップで、世界記録を大幅に更新する2分06秒12を出したが、渡辺も2分06秒73の好記録で銅メダル獲得となった。

 レース直後は「今できることは精一杯やったので、清々しい銅メダルです」と話していた渡辺。

 しかし、レースから少し時間が経った表彰式後には、「めちゃめちゃ悔しいですね。2年前より強くなっている自分がいるに関わらず、また同じ場所(前回の世界水泳も銅メダル)に立っていることがすごく悔しかった」と気持ちの変化が起きていた。