「面白い選手はいっぱいいる」立教大・髙林祐介新監督が目指す箱根駅伝シード権獲得、そして「いずれは母校の駒澤大と肩を並べたい」

  • 和田悟志●取材・文・写真 text & photo by Wada Satoshi

立教大・髙林祐介監督インタビュー後編(全2回)

 箱根駅伝に2年連続で出場し、総合順位も前回18位から今回14位へと上げた立教大。今年4月には、駒澤大でコーチを務めた髙林祐介氏が監督に就任し、今後ますます楽しみなチームだ。髙林氏のインタビュー後編では、将来のビジョンを中心に聞いた。

現役時代には駒澤大で箱根駅伝優勝を経験した立教大・髙林祐介監督現役時代には駒澤大で箱根駅伝優勝を経験した立教大・髙林祐介監督

【上半期は慣れる、本番は夏以降】

ーー現状ではどんな目標を持ち、どんな取り組みをしていますか?

髙林祐介(以下同) まず上半期の目標は、私も含めてみんな"慣れる"ということです。関東インカレや全日本大学駅伝の関東地区選考会など大きな大会もありますが、そういった大会を通して現状を把握し、いいところ、悪いところを明確にして、新しい立教のスタイルをつくっていく時期に充てたいと思います。

 試行錯誤しながら、彼らにとっては今までやったことのないようなことにもトライしながら、自分たちの立ち位置を知ることですね。

 全日本選考会は去年14秒差で本大会出場を逃しており、今年こそ出場できるかもしれないという期待を感じています。でも、そんなにすぐに結果を出すのは難しい。

 もし本戦出場を決めることができたとしても、それは私の指導力というよりも、選手のもともとの能力によるところが大きい。結果に一喜一憂するのではなく、限られた時間でしっかり準備をして、その結果をちゃんと受け止めることが大事だと思っています。

 本番は夏以降。箱根予選会は、私にとって指標のひとつであり、私の思いや意向を体現する場になると思っています。夏合宿をしっかりやって、箱根予選会でどれだけ戦えるかは、箱根本戦に向けても大事なことです。

ーー具体的に新しくトライしていることは、どんなことですか?

 新しいことというか、結局、土台づくりを今はしています。

1 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る