箱根駅伝5区の価値を決定づけた3人の「山の神」たち 粘りの走りで総合優勝につなげた会津出身ランナーの記憶も忘れ難い

  • 和田悟志⚫︎取材・文 text by Wada Satoshi

2011年大会5区の早大・猪俣(左)と東洋大・柏原 photo by AFLO2011年大会5区の早大・猪俣(左)と東洋大・柏原 photo by AFLOこの記事に関連する写真を見る

【3人の"山の神"と1970年代の元祖】

 箱根駅伝の5区と6区は、それぞれ"山上り""山下り"という通称が浸透しているほど、ほかの区間と比べて圧倒的に特殊なコースだ。それゆえに、4年連続で同区間を担うスペシャリストも多い。時代背景は異なるかもしれないが、第二次世界大戦前から戦後すぐにかけては、1936年ベルリン五輪代表の鈴木房重(日本大)、1952年ヘルシンキ五輪マラソン代表の西田勝雄(中央大)のように、6回も山を上った選手もいた。

 5区で3人の"山の神"が現れたのは2006年(第82回)〜2016年(第92回)のこと。この11年間は23.4kmと5区が10区間中最も距離が長かった。5区で得たアドバンテージはあまりにも大きく、事実この間の11回中7回が、5区で区間賞を獲得した大学が優勝している。

 2007年では、順天堂大の今井正人が先頭と4分9秒差を逆転。今井は、5区の距離が短かった2005年大会でも11人のごぼう抜きを見せるなど、3年連続で圧倒的な走りを見せたことから"山の神"の異名をとった。

 2009年から4年連続で山を上った東洋大・柏原竜二はどんな位置でタスキを受けても、必ずトップで芦ノ湖のフィニッシュにたどり着いた。4回すべてで区間賞&チームの往路優勝、うち3回は区間新記録樹立にチームの総合優勝と、これこそ"山の神"の為せる業だった。

 青山学院大が初優勝を飾った2015年は、神野大地が不滅と思われていた"先代"の柏原の記録を上回ってみせ(コースが少しだけ変わったが、走距離はほぼ同じ)、区間2位には2分30秒もの大差をつけた。

 いずれも圧倒的なパフォーマンスは、それぞれの母校の総合優勝の力となった。

 この3人による存在感の継承は、5区が花の2区と呼ばれるエース区間と対等、時にはそれ以上の重要区間としての認識を定着させたといえる。特殊区間ではあるものの、今井、神野は5区を走る以前には2区を走っており、柏原はトラック1万mでも強さを発揮していたように、「エース級の走力+上りの適性」が「山の神」の資質として浮かび上がった実例でもあった。

 ちなみに今井が5区に登場する約30年前、1974年から77年までの4年間で2回の総合優勝を果たした大東文化大には、4年連続5区区間賞(うち区間新記録2回)を獲得した大久保初男という"元祖・山の神"もいた。当時はまだ、戦略的な意味で5区を捉える傾向が生まれていない時期だったが、柏原並の成績は後年、高い評価を受けている。

1 / 3

プロフィール

  • 和田悟志

    和田悟志 (わだ・さとし)

    1980年生まれ、福島県出身。大学在学中から箱根駅伝のテレビ中継に選手情報というポジションで携わる。その後、出版社勤務を経てフリーランスに。陸上競技やDoスポーツとしてのランニングを中心に取材・執筆をしている。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る