箱根駅伝予選会へ向けて札幌学院大のエースの意気込み「地方の大学、なめんなよ!」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by SportsPressJP/アフロ

北海道から箱根駅伝の予選会突破を目指す札幌学院大のエースが渡邊隼翼(3年)だ。身長166㎝、45キロと小柄ながらバネのある走りが特徴で、負けん気も強い。福島県の清陵情報高校出身で、先輩には800mの中距離で活躍している安倍優紀(東海大)がいるが、「自分も全国レベルで活躍できる選手になりたい」と語る。

※  ※  ※  ※

箱根駅伝予選会、地方からの挑戦

第1回・札幌学院大学 後編

前編を読む>>箱根駅伝予選会に地方から参加する札幌学院大の歴史的チャレンジ「とにかく爪痕を残したい」

出雲駅伝6区を走る札幌学院大学の渡邊隼翼出雲駅伝6区を走る札幌学院大学の渡邊隼翼この記事に関連する写真を見る

――福島から、なぜ札幌学院大へ。

「高校は陸上ではそんなに有名なところではなかったですし、自分の5000mの自己ベストが1559秒だったので、陸上をあきらめて就職しようと思っていたんです。そうしたら札幌学院大のスカウトさんからお手紙をいただいて。もう1回、チャレンジしたいと思って入学しました」

――大学に入学してからは、どんな種目をメインに考えていたのですか。

「最初は5000m10000mで結果を出したいと思っていました。高校時代、駅伝は全国大会の経験がなかったので、そこまで思い入れがなかったですね。全日本大学駅伝もあまり興味がなくて、4年間で一度走れればいいかなって思っていました」

 渡邊の5000mの現在の自己ベストは1414秒。3年間で145秒を短縮してきたことになる。地道に走り続けてきた結果、チームのエースに成長。その表情は精悍で、自信にも満ちているが、競技面でターニングポイントになったのは、今年3月の学生ハーフだった。

――学生ハーフは、どういう点でターニングポイントになったのですか。

「レースでは、6502秒の自己ベストを出して、部記録も更新できました。関東の駒澤大や創価大の選手を抜いたりすることができて、ある程度のタイムを出せば関東の大学の選手とは張り合える、自分もやればできるんだと自信をつけることがでたんです。箱根駅伝の予選会もここから現実的になってきて、自分が走ればチームの支えになれるかもしれないと思いました。また、この時から目指すところが大きく変わりました。それまで視野が狭くて目先のことしか考えられなかったんですけど、今はインカレを始め、全日本大学駅伝や箱根駅伝予選会とか大きなレースで結果を出すためにどうしたらいいのか。先々の目標について、どうアプローチしていくのかを考えるようになりました」

――ライバルとか、気になる選手はいますか。

「関西大学の亀田仁一路選手です。大学3年で同級生ですけど、10000mで2825秒のタイムを持っていて、関東に負けないぐらい強いですし、頑張っています。僕はまだまだ及ばないですけど、勝手にライバル視しています(笑)。あと、ライバルではないですが、吉岡大翔(順大1年)選手とか、下級生でも速い選手の走り方とか、すごく気になりますね」

1 / 3

プロフィール

  • 佐藤 俊

    佐藤 俊 (さとう・しゅん)

    1963年北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、出版社を経て1993年にフリーランスに転向。現在は陸上(駅伝)、サッカー、卓球などさまざまなスポーツや、伝統芸能など幅広い分野を取材し、雑誌、WEB、新聞などに寄稿している。「宮本恒靖 学ぶ人」(文藝春秋)、「箱根0区を駆ける者たち」(幻冬舎)、「箱根奪取」(集英社)など著書多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る