2020.12.25

NGT48西村菜那子が熱弁。箱根駅伝で上位を狙える大学と注目ランナー

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • 村上庄吾●撮影photo by Murakami Shogo

NGT48西村菜那子の箱根駅伝予想 後編 前編はこちら>>

箱根駅伝で注目の大学とランナーを熱く語ったNGT48の西村菜那子さん 前編で、2021年の箱根駅伝は青山学院大、駒澤大、明治大、東海大、早稲田大の「5強」による優勝争いを予想したNGT48の西村菜那子さん。しかし"駅伝に詳しすぎるアイドル"には、まだまだ注目すべき大学とランナーがいるという。

「まずは帝京大です。近年では上位争いをしそうな大学が"何強"と言われることが多いですけど、その次ぐらいに名前が挙がりますよね。全日本大学駅伝は7位に入り、その後、星岳選手(4年)と小野寺悠選手(4年)が帝京大の1万m記録を更新しました。

 チームの雰囲気もすごくいいんですよ。BS日テレの『徹底取材!箱根駅伝 春夏秋冬』では、コロナ禍で取材が難しかったのか、中野孝行監督が撮影をして選手にインタビューしていたんです。それが微笑ましくて、素敵なチームだなと思いました」

 帝京大は前々回が5位で、前回が4位。11月23日の1万m記録挑戦競技会では星が28分20秒63、小野寺が28分30秒17をマークするなど勢いもある。前回苦戦した"山"で快走できれば、実力で「5強」を切り崩す展開が見られそうだ。

 全日本大学駅伝で帝京大を上回る6位に入った東洋大も、上位進出の期待が高いという。帝京大とは異なり5区に"切り札"がいるのが特徴だ。

「東洋大は宮下隼人選手(3年)が前回5区で区間賞を獲得しています。"山の神"はなかなか誕生するものではないんですけど、宮下選手が4代目になれるのか注目しています。ただ、エースの西山和弥選手(4年)の状態がよく分からないんですよね。9月の日本インカレ1万m(5位)を見た時は、『今季はいけるかな』と思ったんですけど、全日本(7区で区間11位)で悔しい結果に終わりましたから。

 いずれにしても、1年時から活躍している西山選手と

 吉川洋次選手(4年)が、万全な状態で最後の箱根に臨む姿を見たいです。全日本では1、2年生が健闘しましたし、5区で大どんでん返しできる選手もいます。4区までに好位置につけることができれば、優勝争いに加わるチャンスがあると思います」