2018.01.31

神野大地の初マラソンにみる
「ハム&臀筋型と大腿四頭筋型」2つの走法

  • 佐藤 俊●文・写真 text by Sato Shun photo by Nakanishi Yusuke/AFLO SPORT

ニューイヤー駅伝2018、神野はアンカーを務め、順位を9位から7位に上げた神野プロジェクト Road to 2020(12)

前回の記事はこちら>>

 およそ1カ月前、2018年元旦のニューイヤー駅伝。9位で襷(たすき)を受けたアンカーの神野大地(コニカミノルタ)は23秒差で前をいくDeNAら3チームを追ってスタートした。

「タイム差がそれほどなかったので、最初は無理してでも追いつこうと思っていました」

 最初からピッチを上げ、5.8km地点で追いついた。

 福岡国際マラソンから約1カ月、そのレースに参戦した佐々木悟、深津卓也(ともに旭化成)らはエントリーしたものの、この駅伝には出場していない。神野は福岡で両足にマメができて、1週間ほど走ることができなかった。2週間前から通常の練習に入ったが、状態は万全とは言い難い状況だった。だが、強烈な寒風が吹き荒れる中、神野は力強い走りをみせたのである。

 昨年12月3日、マラソン初挑戦となった福岡国際マラソンで、神野は2時間12分50秒というタイムに終わった。レース後、トレーナーの中野ジェームズ修一は神野の足をチェックし、「ハムストリングスと臀筋の出力を上げるこれまでの通りのやり方を続けるのか、それとも、もう少し大腿四頭筋も使わせる走りに転換するのか、そこは神野と話をしていかないといけないですね」と語った。その時、これまでのやり方を改めるかもしれないという中野の発言に驚いた。