2017.12.24

東大生ランナー・近藤秀一が語る
「僕が箱根駅伝を走る前に思うこと」

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • photo by Matsuo/AFLO

 リラックスして腕を下ろし、自然な状態で曲げたヒジを後方へ軽く振るように近藤秀一(東京大3年)は走っていた。1125日に行なわれた関東学連1万記録挑戦会は、箱根駅伝の関東学生連合チーム最終選考でもあった。3回目の箱根路への挑戦となる近藤は、全体を俯瞰(ふかん)するかのように先頭集団の最後方について淡々と周回を重ねていた。

 最終選考の前日、近藤は東大陸上運動部OBの松本翔氏と昼食をともにした。松本は大学1年時に箱根8区を走った東大陸上運動部のレジェンドだ。話題は自然と最終選考のことになる。

箱根駅伝の予選会で力走する東京大3年の近藤秀一 近藤は1年、2年と学生連合チームに登録されながらも本選メンバーからは漏れた。しかし今年の予選会は、20km5954秒で走破。全体20位、学生連合チーム選抜対象者1位の記録を叩き出した。松本は「普段通りに走れば大丈夫」と近藤の背中を押した。近藤自身も自分の力を出せば問題ないと思っていたが、松本の言葉を聞いて気楽にいこうとあらためて胸に刻んだ。

 レースは残り3周となった。集団が目に見えて加速していく。長谷川柊(はせがわ・しゅう/専修大2年)、中島大就(なかしま・たいじゅ/明治大2年)といった最終選考メンバーに加えて帝京大学のランナーたちが激しくトップを争うなか、近藤も先頭から離れない位置で順位を押し上げていく。

 調子のよさそうな長谷川を追いかけるというアイデアも頭をかすめたかもしれない。しかし近藤は深追いせずに自分の走りを続けた。結果、長谷川には届かなかったものの中島はきっちり退けて最終選考2位(全体6位)でクリア。タイムは291371の自己ベストだった。