2016.02.02

「もう大失速しない」福士加代子をリオへ近づけた鬼のような練習

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 藤田孝夫●写真 photo by Fujita Takao

 1月31日の大阪国際女子マラソンで福士加代子が輝いた。

過去あまり相性のよくなかった大阪マラソンで、結果を残した福士加代子 レースは、30km過ぎから福士の独走になった。しかし、福士にはまだ終盤失速の懸念が残されていた。それもそのはず、過去08年と12年のこの大会で30km以降に大失速したシーンが、いまだに見る者の脳裏に焼きついているからだ。

 福士自身もレース後、「30km以降も不安で、『このあと落ちていくのかな』という思いもあって……。だから給水を取るたびに『行け、行け!』と思って走っていました。それに25km過ぎから痛くなってきた足の裏が、30km以降どんどん痛くなってきて。最後は『いいや、折れちゃえ』と思って走っていました」と笑いながら振り返った。

 一方、指導する永山忠幸監督はレースをこう見ていたという。

「福士にとって5km16分40秒というペースは、20kmまでなら楽にいけるペースなんです。心配したのは25kmでペースメーカーがいなくなったら、勝てると思って気持ちが甘くなりペースダウンするんじゃないかということでした。30kmまでペースメーカーが走ってくれたのは助かったけれど、30km以降でライバル視する選手がいてくれたら、もっとタイムが良くなったと思います。今日は単独になったのでヤバいと思いましたね。だから日本陸連が設定した2時間22分30秒を突破させるために、ラスト600mくらいのところでサバを読んで『5秒足りない』と声をかけました」

 ライバルがすべて脱落した25kmから30kmまでは、ペースメーカーが気を使いながら1km3分20秒前後のペースで引っ張ってくれ、その間の5kmは16分47秒で走った。ひとりになってからも35kmまでは3分20秒台中盤のペースを刻むと、それ以降も3分30秒を切るか切らないかのペースを維持。そして「監督から5秒足りないと言われてダッシュしました」と笑う福士は、2時間22分17秒でゴールラインを駆け抜け、タイムを確認すると「やったー!」と喜びの声を上げた。