2015.12.25

【箱根駅伝】上武大・花田勝彦監督「箱根から世界で通じるランナーを」

  • 加藤康博●取材・文 text by Kato Yasuhiro   村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

前回の記事はこちら>>

 悲願のシード権獲得へ。

 上武大は11月後半から12月にかけ、沖縄県石垣島での強化合宿を実施。それを経て、箱根駅伝のエントリーメンバーを決定した。そこまでの取り組みも例年とは異なるものだった。

上武大を率いる花田勝彦監督。後ろに見えるのは現在製作中のクロスカントリーコース

「10月の予選会終了直後から、『シード権を取るために、練習で妥協しない』と選手には伝えてきました。高いレベルでの練習は故障のリスクを伴います。しかし思い切ったことをしなければ、成長は望めませんし、これまで以上の結果も手にできません。今回、石垣島の合宿に連れていったのは10名のみと、例年と比べてもかなり少ない人数。合宿日数もあえて短くし、短期集中で行ないました。そして、エントリーも最大16名のところを今回は14名。もちろん、あと2名を加えることもできましたが、シード権を目指して戦えるメンバーと考えるとこの14名までだったのです。次に来るべき2人には事情を説明し、納得してもらいました」(花田勝彦監督)

 上武大には2種類のユニフォームがある。部員全員が持っている白地のものと、タイムや戦績など、一定の基準をクリアした選手しか手にできない「プレミアムブラック」と呼ばれる黒地のものだ。箱根を走るメンバーは当然、「プレミアムブラック」を身にまとう。これによりチームの他の部員に対し、誇りと責任が生まれるのだ。上武大駅伝部発足以来、こうした形で選手にプライドを植え付けてきたが、今回の14名はこれまでになく高い基準をクリアした、まさに選ばれし者ということになる。