2015.12.26

【箱根駅伝】優勝候補の青学大、勝負のカギを握る5区の走り

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

"3強"はどう戦うか(1)

 前回、総合タイム10時間49分27秒という驚異的な記録で、2位の駒澤大学に10分50秒という大差をつけて圧勝した青山学院大学。その時のメンバーが8名残っている上、エントリーした16名中、1万m28分台の選手が11名もいるという圧倒的な層の厚さ。優勝候補の筆頭と呼べるだけの存在感を誇る。

 だが、危機もあった。前回は新コースとなった5区で、旧コース(距離は同じ)の柏原竜二(東洋大学)の区間記録を24秒上回る1時間16分15秒で走って独走の起点となったエース・神野大地(4年)が故障。復帰して臨んだ11月の全日本大学駅伝では最終第8区を走り、トップ東洋大との33秒差を逆転することが期待されながら区間8位と失速して優勝を逃したのだ。神野はさらにその後も左脛を痛めて練習ができない期間が続き、本人も「厳しいかな」と思う時期があったという。

勝負のカギを握ると見られる神野大地「神野は11月は半分くらい休んで、12月上旬から練習に復帰しています。全日本も約2カ月間の急ピッチで仕上げ、練習では起承転結をキチッとしてスタートラインに立たせたので、走ると思っていました。反省する部分は、いい練習ができており1週間前はよかったけれど、直前の調整期間に一気に疲れが出たことだと思います」