2013.12.07

【続・東京マラソンへの道】中島彩「寒い季節のストレッチ法は?」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちは! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。いよいよ12月に入り、寒い毎日が続くようになりましたね。私は走っているときの顔に当たる冷たい風や、呼吸で入ってくる清々しい空気が好きで、「ランニングを楽しんでいる!」という気分になります。もちろん、練習をスタートする前の寒さがツラいときもありますよ。寒くなってくると、ついサボりがちになることも......(笑)。というわけで今回のテーマは、「RUN×寒さケア」。寒さに負けないために、うまくこの季節を乗り切りましょう!

冬のランニングは顔に当たる風が冷たい!でも気持ちいい!☆ストレッチのポイントは「使い分け」?

 寒い時期、ついサボりがちになるのは、やはり練習前後の「ストレッチ」ですよね。ランニングウェアに着替えて、いざ走ろうと思って外に出ると、あまりの寒さにストレッチをせずに走りたくなります。また、走ったあとも、ストレッチしている間に身体が冷え切ってしまうので、しっかり柔軟せずにシャワールームに行ってしまいがちです。しかし練習前後のストレッチは、ランニングと同じぐらい大事にしてもらいたいんです! これは以前、ストレッチをあまりやらずに失敗した私だからこそ言える(笑)、真剣なお願いです!

 マラソンを始めて1年間、私はストレッチをほとんど適当にやっていました。その結果、私は腰とお尻の筋肉を傷めてしまい、リハビリ期間は走ることができませんでした。はっきり言って、リハビリはツラいです。走りたいのに、走れない......。街で走っている人を見ると、「いいなぁ、あの人はケガしてなくて」と、指をくわえて眺めていました。あんな経験は、もうしたくありません! それから私は、傷めた腰とお尻を重点に、しっかりストレッチをするようにしています。腰やお尻の筋肉は、何もしないと固くなりがちです。だから私は、普段の生活の中でもマメにストレッチをするように心がけています。ランニングをする前後だけでなく、テレビを見ているとき、お風呂上がり、そして寝る前と、時間を見つけたらストレッチをしていますよ!