2022.03.06

村岡桃佳、北京パラリンピックで金メダル。スキーと陸上の「二刀流」で「思わぬ副産物があった」

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • photo by Paraspo/Kazuyuki Ogawa

 北京パラリンピックが4日に開幕。前回の平昌大会で5個のメダルを獲得した女子座位の村岡桃佳(トヨタ自動車)が今大会も活躍している。競技初日の5日の滑降で金メダルを獲得し、幸先いいスタートをきると6日のスーパー大回転でも金メダルを獲得した。

難コースでも現地で調整し、見事最初の種目から金メダルを獲得した村岡桃佳難コースでも現地で調整し、見事最初の種目から金メダルを獲得した村岡桃佳  最初の滑降では、先にライバルのアナレナ・フォルスター(ドイツ)が好タイムでゴール。続いてスタートした村岡は丁寧かつ攻めの滑りで終盤までスピードを落とさず、フォルスターのタイムを上回ると、最後まで抜かれることなく頂点に立った。

「どうしても今日、金メダルを獲りたかった」

 フラワーセレモニーを終えた村岡は、うれしさと安堵感が入り混じった表情を見せながら、しみじみと語った。スタート直後の急斜面にはじまり、90度に曲がるカーブなど他にはない難コース。男子座位で銅メダルを獲得したパラリンピック6大会目の森井大輝(トヨタ自動車)が「最初に来た時はスタートから度肝を抜かれた」と言うほどの難易度で、女子座位はエントリーした7人中3人がゴールできなかった。村岡も「想像していたよりハードなコース」と語っており、試合前の3日間のトレーニングランでは初日に転倒を経験した。

 だが、ここから村岡の修正力が光った。「滑降はトレーニングランから気持ちを作り上げていく種目」と言うように、2日目はまずは完走を目指し、3日目は改善点を滑りに反映させて1位でフィニッシュ。日を重ねるごとに滑りをブラッシュアップさせ、難コース攻略の糸口をひとつずつ見つけていった。コーチ陣とも本番のライン取りを入念にチェックしていくなかで、「行ける、勝ちたいという気持ちが自然と芽生えた」という。

 難コースへの恐怖心や不安はあったが「守りの滑りでは勝てない」と、信条である攻めの滑りにフォーカスした。高速で駆け降りチェアスキーがはじかれやすい状況でも、鋭いターンを次々と決めた。その結果、開幕戦で手にした金メダル。「自信になる。明日からのレースも、ちょっとだけ安心して臨めるかな」。そう話すと、ようやくプレッシャーから解放されたのか、笑顔に変わった。