2022.03.08

スノーボード岡本圭司、北京パラ初戦は8位入賞。表彰台に届かずも「まだまだ可能性がある」

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • photo by Paraspo/Kazuyuki Ogawa

「ベストを尽くしたうえでの8位。最高です」

 北京2022パラリンピックのスノーボード競技。初出場の男子LL2の岡本圭司(牛乳石鹸共進社)は、初戦のスノーボードクロスを終え、そう語った。

黄砂交じりの雪に苦戦しながらも8位入賞を果たした岡本圭司黄砂交じりの雪に苦戦しながらも8位入賞を果たした岡本圭司  バンクや波打った雪面のウェーブ、キッカーと呼ばれるジャンプ台などが設けられたコースを滑り降りるスノーボードクロス。予選はひとりずつ2回滑り、タイムトライアル方式で順位を競う。6日に行なわれたその予選では、予想よりも暖かい気温と中国特有の黄砂が入り混じった人工雪に手を焼いた。1回目は想定よりもスピードが上がり、キッカーで飛びすぎるミスがあった。その反省から、2回目の前にワックスを変更し、各セクションも修正を加えて滑走。8番手で決勝ラウンド進出を決めた。

 7日は準々決勝からスタート。4人が同時にスタートしてレースを行ない、各組の上位2人が次のラウンドに進める。準々決勝では田渕伸司(兵庫県立和田山特別支援学校教員)と同組に。岡本は2位で準決勝進出を決め、田渕は3位で先に進めなかった。田渕とは同じ兵庫県出身で、年齢も同じ40歳。教員生活と競技を両立する田渕の姿に、会社を経営しながら競技に取り組む岡本自身も刺激を受けてきたといい、レース後は抱き合って互いに健闘をたたえた。

 準決勝は得意のスタートで飛び出すが、思うようなリードを保てなかった。スモールファイナル(順位決定戦)でも不利な内側のスタートで前に出られず外側の選手に先行を許し、8位入賞という結果に。

「(スピードに乗るために必要な)ウエイトも、テクニカルな滑りも、板やワックスの知識も足りない」

 上位選手との差と、表彰台にはまだ届かないという自分の現在地を、真正面から受け止めた。