2021.08.19

走り幅跳びの超人、マルクス・レームは東京パラでも世界記録更新を狙う

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • photo by Ito Shingo/X-1

 パラ陸上の男子走り幅跳びのドイツ人選手、マルクス・レームはいつもワクワクさせる跳躍を見せてくれる。身長185cm、大きなストライドで助走し、勢いを維持したまま力強く踏み切る。空中のフォームはダイナミックなのに、背中に翼を生えたかのように軽やかだ。

東京パラでも世界記録を更新できるか注目されるマルクス・レーム選手東京パラでも世界記録を更新できるか注目されるマルクス・レーム選手  下腿切断など男子T64クラスで、8m62の世界記録保持者。2年に一度開かれる世界選手権では、2011年のクライストチャーチ大会から19年のドバイ大会まで5連覇中だ。パラリンピックは、初出場の12年ロンドン大会と前回のリオ大会を連覇している。ちなみに、彼が今年6月に打ち立てた世界記録は、今回の東京オリンピック1位の選手の記録を21㎝上回る、まさに"金メダル級"の大ジャンプだ。

 陸上のみならず、パラスポーツ界でもっとも有名なアスリートのひとりとして注目されるレーム。自身3度目となる今回のパラリンピックでの世界記録更新については、「6月にいい記録を出しちゃったから難しいかもしれないけれど、そこを目指しているよ。東京を見据えて自分を追い込んできた。金メダルを獲るよ」と自信をのぞかせる。

 1988年生まれの32歳。東京パラリンピック開幕2日前の8月22日に33歳の誕生日を迎える。幼いころから身体を動かすことが好きで、友だちと一緒に走り回っていたというレーム少年。しかし2003年、ウェイクボードの練習中にボードのスクリューに右脚を巻き込まれ、ひざから下を失ってしまう。14歳のスポーツ好きな少年にとってショックは大きかったが、その後に義足と出会い、再びスポーツの世界に戻ることができた。「僕は楽しむことが大好き。それは、子どもの頃から変わらない」と振り返ったように、09年には「脚を1本失ったけれど、やればできる」とパラ陸上の世界に飛び込んだ。